比べられて

兄弟

4歳下の弟が産まれるまでは

長女の私は温々と

育っていた気がします。

 

田舎で、後継が欲しかったのであろう

父方の祖父母は喜んでいました。

 

弟は、勉強も程々にでき

運動は抜群でした。

それは大事に育てて貰っていました。

 

私といえば・・

勉強は出来るものの

生れ付きの病気で、今までとの待遇に

子供ながらに格差を感じました。

 

それから、私は中学に上がり

ライヴハウスに通うようになり

BANDの追っかけをしたりして

学校にも通えず(いじめや、心の問題で)

悲しいかな、家族には居ない子として

扱われていた気がします。

 

弟はといえば、サッカーでも

野球でもなんでもこなし

学校のヒーローでした。

 

その弟は中学に上がり

ソフトテニスを始めると頭角を現し、

中学総体で華々しい成績を残し、

有数の高校から何校もオファーがあり

推薦で進学をしました。

 

その頃の私は、

高校には在籍してはいたものの

髪の色も派手になり、

様々なバイトに手を出し始めます。

 

父方の祖母の死に目にも会えず

『不義理な子だ』と罵られ

何度も家出を繰り返していました。

 

弟は高校のインターハイでも成績が良く

大学も引く手あまた。

 

高校卒業とともに

私は逃げるように家を借りました。

(大学も受かっていたものの放置しました)

 

でも、今はその思いを昇華させて

カウンセリングに役立てています。

この貴重な経験してきたこと、

結構誇りに思っているんですよ。

 

ここまで書いて思うのは

優秀な兄弟が居ると

どうしても、そのどちらかは

辛い思いをしてしまうということです。

 

そのような子供の気持ちを

両親は考えたことがあるでしょうか?

 

昔、辛い気持ちで育った事の

ある方にならわかるかもしれません。

 

子供を贔屓していませんか?

子供は思っている以上に敏感です。

 

今一度、子供との関わり方を

子供目線で考えてみられませんか?

 

辛い思いで育った子は

様々な精神疾患や、

引きこもり、不登校になりがちです。

未然に防ぐ努力、してみられませんか?

 

いつでもあなたのお心の傍に・・

内山深賀
内山深賀くれたけ心理相談室(さぬき支部)心理カウンセラー
香川県さぬき市近郊を中心に、対面カウンセリングを承っております。

内山深賀のプロフィールはこちらです。

いつでも笑顔でいられますように・・。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

大切にしたい言葉

次の記事

カナタ