暗闇に憧れて

押入れ

私は小さい頃、たまに

真っ暗に憧れて

押し入れに入っていたものでした

 

シーンとして

自分の吐息しか聴こえず

何者にも邪魔されない場所

 

今でこそ

入らなくなりましたが

居心地が

とても良かったのを記憶しています

 

その頃から

パーソナルスペースを

求めていたのでしょうね

 

コロナ禍で家族・家庭の在り方が

変わってきているのを感じます

 

押し入れ(クローゼット)に入れ

とは言いませんので

自分の安心できる場所

パーソナルスペースがあればいいですね

 

親兄弟・夫婦ずっと顔を突き合わせていたら

息苦しくなる時もあるかと思います

 

それぞれの部屋があるならそれでもいいですし

独りではなく一人になれる場所

家の中で見つけてみられませんか?

 

いつでもあなたのお心の傍に・・

内山深賀
内山深賀くれたけ心理相談室(さぬき支部)心理カウンセラー
香川県さぬき市近郊を中心に、対面カウンセリングを承っております。
またオンライン(電話・LINE・ZOOM・Skypeなど)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。
内山深賀のプロフィールはこちらです。

今日も良い一日をお過ごし下さい。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

荷物

次の記事

Global Kitchen AriesNew!!