夏休み明けに増える不登校児考察

岩場で遊ぶ子供

夏休みといえば

自治会のみんなと行く

キャンプでした。

 

皆さんの地域では

そんな行事はありましたか?

 

山の湧き水に

足首まで水に浸かって

涼をとって・・

そんな思い出もあります。

 

そんな中

子供ながらに

輪に入れない・避けられている

無視されていることを

敏感に感じて

悲しかったのも覚えています。

 

子供だから余計に感じてたのかも。

私は発達障害で、人との付き合いが

とても下手なのです。

今でも1:1でないと

輪に入れないこともあったりします。

そしてHSPでもあります。

 

皆さんは、皆さんのお子さんは

平等に人に接することができていますか?

人と少し違う子などに

偏見を持って接していませんか?

 

子供はある意味残酷です。

正直に自分の心の通りに動きます。

そして日本人特有もあり

『集団意識の美徳』というものに囚われ

個人攻撃を始める子たちもいます。

 

今はツールも発達して

いじめが精神攻撃的になっていると思われます。

心への攻撃は辛いです。

肉体以上に・・。

 

なので、夏休み明けに登校できない子が

増えないか危惧しています。

 

ご両親は、お子さんのヘルプサインを

お願いですから見逃さないでください。

嫌がる子もいると思いますが

話を聴いてあげる時間をとってください。

 

いつでもあなたのお心の傍に・・

内山深賀
内山深賀くれたけ心理相談室(さぬき支部)心理カウンセラー
香川県さぬき市近郊を中心に、対面カウンセリングを承っております。

内山深賀のプロフィールはこちらです。

いつでも笑顔でいられますように・・。

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

花火の日