夜の対処法(うつ病時代の夜)

夜空

うつ病が酷かった時は

夜が長く、「考える時間」ばかりが

増えていました。

 

その「考える時間」が曲者なのです。

 

身体を動かしたりするのが億劫な分

昼夜逆転になってしまっていました。

夜になると、あれこれと悪い考えばかりが

わいてきていました。

 

なので、悪循環だなと思ったので

夜に考えることは

辞めるようにしてきました。

 

徐々にですが、昼夜逆転もやめていくと

柔軟な考えを持てるようになり

うつ病は軽くなっていきました。

 

初期の方なら、より効果的だと思います。

『考えるな!』

と言われて、「はいそうですか」では

行かないと思いますが

あまり夜には

考え事をしないほうがいいかもですね。

 

考えるなら・・

『治ったら○○しよう!』とか、ね。

寝付けなかったら、

昨日のブログ(下のリンク)にも書きましたが

兎に角リラックスです。

寝苦しかった夜に(寝つきの悪い方にも)

参考になさるのも良いかと思います。

勿論、処方の範囲内の

眠剤・頓服もOKですヽ(´▽`)/

(効かない人もいらっしゃると思うので、横になるだけで違いますよ)

 

※あくまでも個人差があります。

いつでもあなたのお心の傍に・・

内山深賀
内山深賀くれたけ心理相談室(さぬき支部)心理カウンセラー
香川県さぬき市近郊を中心に、対面カウンセリングを承っております。

内山深賀のプロフィールはこちらです。

いつでも笑顔でいられますように・・。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

繊細なあなたへ

次の記事

藤城清治の世界