多動症(ADHD)と私

お手上げ

実は私は、多動症(ADHD)です。

 

小さな頃から一つのことに
中々集中できませんでした。

じっとしているのもできませんでした。

 

三歳から始めた習字はとても苦痛でした。

そわそわ落ち着かなく、キョロキョロしては
師範に叱られていました。

 

今ではどうにかお付き合いできていますが
長距離バス等に乗ると落ち着きません。

座っているのがとてもムズムスするのです。

手も所在なく無意識に動いたりします。

 

カウンセリング中は、その様な事はないのですが
まだまだその他の時に、無意識に動いています。

注意力散漫に思われているかもしれませんが
仕方のないことなのです。

 

多動症は辛いです。

付き合って来た私が言うから
間違いありません。

 

世間的に誤解を生じることもあるでしょう。

辛いですよね。

小学生の時から授業中よく叱られていました。

大人になってからも、
仕事に集中できないことが多々ありました。

 

でも前向きに頑張っています。

多動症だからと、
卑屈にならないでください。

きっと理解してくれる人は見つかりますから。

いつでもあなたのお心の傍に・・

内山深賀
内山深賀くれたけ心理相談室(さぬき支部)心理カウンセラー
香川県さぬき市近郊を中心に、対面カウンセリングを承っております。

内山深賀のプロフィールはこちらです。

いつでも笑顔でいられますように・・。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

僕、十兵衛くん

次の記事

脱走