涙の数だけ人生があると思うの

泣く女性

私は昔から、泣かない子だって言われてきました。

 

_____________________

ミカちゃんは、おねえちゃんだから強いよね?

_____________________

 

そんな意見を、ずっと周囲の大人たちは言っていました。

だから、自分はそういう子なんだって、

思い込むようになっていきました。

 

心に完全にフタをしてしまっていますよね・・・。

ずっとずっと我慢してきて、

本当の自分がわからなくなっていきました。

 

周りの同級生が、

「あの映画泣けるよね」

「あの本(漫画)は感動する」

そう言っていても、私は泣くことができませんでした。

 

いじめられるようになって、

一人になっても泣きませんでした。

 

変わったのは、精神疾患から回復して、

ネットを見るようになり知り合った、カウンセラーの友人。

そうして、自分自身もカウンセリングの勉強をはじめ

自分をあるがままに、

見つめられるようになり始めた頃からでした。

 

ドキュメンタリーの

自然が映っているだけの映像ですら涙が出るのです。

 

私にとっては大きな変化でした。

 

それからというもの、

バラエティー番組を見ても、涙ぐむようになり

こっそりと、

泣いているのをバレないようにするのに必死でした。

泣いているのが恥ずかしいのではないのです。

変化した自分を見られるのが、

きっと恥ずかしかったのだと思います。

 

涙って、その人の人生の数だけあって、

それは人によって違うと思うのだけれど

私の場合は特に、感情にフタをしてきた分大きいと思います。

 

嬉し涙も、悔し涙も、みんな持っています。

だからこそ、

泣けるってことは素晴らしいと今では思っています。 

 

今日も読んでくださり有難うございました。

いつでもあなたのお心の傍に・・

内山深賀
内山深賀くれたけ心理相談室(さぬき支部)心理カウンセラー
香川県さぬき市近郊を中心に、対面カウンセリングを承っております。

内山深賀のプロフィールはこちらです。

いつでも笑顔でいられますように・・。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

見上げてごらん